【朗報?】金融所得課税、当面見直さず

雑記

PVアクセスランキング にほんブログ村

ども、koujidaです。今回もよろしくお願いします。

個人投資家の関心が高かった「金融所得課税増税案」。
今日のヤフーニュースで岸田総理が「当面触ることは考えてない」と発言したことが載ってました。

金融所得課税、当面見直さず 「すぐやる」は誤解 岸田首相(時事通信) - Yahoo!ニュース
 岸田文雄首相は10日のフジテレビ番組で、金融所得課税の強化について「当面は触ることは考えていない」と明らかにした。

でもね、「当面」ですよね。
ということは、将来的(多分近いうちに)には触る=増税するって宣言にも聞こえる訳です。
「選択肢を並べたうちの一つ」と発言してますが、そういう選択肢があるだけでも、投資にリスクが増えるわけで良くありませんね。

そもそも、「将来年金だけでは老後2000万円足りなくなる。自分でなんとかしてください。貯蓄だけでは無理ですから投資してください」って言ったのは国ですよね。
それで投資する人が増えたから増税するなんて、もう詐欺師ですよね。

どうしても見直すならば、一律の増税をするよりはいっそ分離申告課税をやめて、総合課税にしてしまえばいいと私は思ってます。
なぜならば、我々庶民が老後資金の為に投資するならば、その出口戦略は必要な分だけ金融資産を切り崩すという選択肢が一番いいと思っているからです。
となれば、1年で得る所得は現役時代とさほど変わらない額で大丈夫。つまり現役時代と同じ税率で大丈夫ということになります。
それならば、特に税負担が増えるということはなくなるのではないかと思ってます。
一方、資産家は累進課税で高額を取られるのを嫌って、そんなに金融所得を増やさなかったとしても、相続税でそれなりに国に持ってかれます。
それならば、最終的に国が得る税金はそれほど変わらないのではと単純に考えてます。

とにかく庶民が元本が減るかもしれないというリスクを取ってまで投資しているわけですから、それに増税するのは断固反対ですね。

ちなみに総合課税になると確定申告が必要になり面倒になりそうですが、投資してる人って意外と確定申告してるんじゃないですかね。
配当控除受けるにも確定申告が必要だし、複数口座での損益通算するには必要。
雑所得になるソーシャルや仮想通貨の投資も20万円以上の利益がでれば確定申告が必要ですしね。

今回は以上です。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました