【注意】太陽光発電案件

ソーシャルレンディング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ども、koujidaです。今回もよろしくお願いします。

ヤフーニュースにこんなのがありました。

危険な場所で太陽光 規制強化へ - Yahoo!ニュース
傾斜地にある太陽光発電施設が豪雨などで崩落する事故が相次いでいる。自治体が条例で独自に立地規制する動きが広がる中、環境省は法令で土砂災害の危険性のある場所での新設を抑制する方向で検討に入った。

ちょっと気になるニュースですね。
太陽光発電の案件はちょっと注意が必要となるかもしれませんね。
何しろ、ソーシャルレンディングの太陽光発電案件はほとんどが開発中案件ですからね。
まだ建設が始まってない太陽光発電予定地に新たに出来た条例がどのような効力を持つようになるのか?
条例が新設されたために、太陽光発電が作れなくなる可能性はないのか?

私は法律の素人ですので、及ぼす影響は全くわかりません。
ただ、太陽光発電案件の担保設定は太陽光発電が稼働するのが前提で、太陽光発電が作れなくなったら、土地の価値など無いに等しいものが多い気がします。
その辺りも考えたうえで、太陽光発電案件には投資したほうが良いと思いますね。

太陽光発電事業自体に魅力を感じるならば、ソーシャルでなくインフラファンドの方が良いとも思ってます。
今のインフラファンドは大体利回りが6%程度。
元本は変動しますので、元本が減る可能性はありますが、公募増資でもない限り、価格変動は結構少ないように感じてます。
てなわけで、本日1口だけですが、「カナディアンソーラーインフラファンド」を購入しました(笑)

今回は以上です。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました